触り・ヌキ・本番・・・ピンクコンパニオンは実際どこまでOK?

「コンパニオン」の事に関する情報サイトです。
風俗とは違うピンクコンパニオン。でもそれは本音と建前。本番がある話はなかなか聞きませんが盛り上がるとチャンスがあるかも?

触り・ヌキ・本番・・・ピンクコンパニオンは実際どこまでOK?

前回、ワカメ酒からクンニ・・・・なんてきわどい話をしましたけど、みなさんが思われるのは「ピンクコンパニオンってどこまで出来るんだろうか?」ってことだと思います。

それは、私も思いました。

最初にピンクコンパニオン遊びを経験したのは26歳。

(もっともその時は完全にゲスト扱い、傍観者と化してました・・・)

その時に感じたのは「これは何でもアリじゃん!!」ってことでした。

実際、宴会でエッチまでしてる人はいませんでしたが、おさわりは極当たり前、ベロチューまでしている人もいましたし、全裸女子は大量に・・・・・・乱痴気騒ぎの極致という感じでした。

でも「ヌキ」については、風俗店ではないのでありません。

「ありません」と書いたのは、そういうサービスはしないと明記されているからですね。

というか、明記しないと風営法やら売春禁止法やらに引っかかってたちまちお縄になってしまいます。

だから、ピンクコンパニオンでは乱痴気騒ぎは出来ても「ヌキ」はなし・・・・ということが前提です。

しかしですね、やはり本音と建て前が存在するのがこの社会。

ネットの体験談でもほとんど出てきたりはしてませんが、男と女のことなので、いろいろあるのは事実です。

ピンクコンパニオンの派遣会社は絶対にそれは認めないし、許しもしません。

盛り上がってしまえば・・・・・・なんてことはよくあることとKちゃんは言ってました。

ただし、やはりお相手が紳士でないと・・・なかなかうまくはいかないようですよ。